あの景色が見たい。

私的な、バイクツーリングと読書と諸々のこと。

単車遍歴③

「STAY HOME」も後半入り。

 

GW中も、外出自粛継続中です。

 

 

さて、

「単車回顧録」の第三回目。

 

赤色のmachineが続いたので、

緑色のmachineを回顧してみた。

 

f:id:xlr250-1993:20200502150045j:plain

 

カワサキ ZX-6R」

176kg 108ps/12000rpm

 

思い出として、「速かった。。。」

そして、車体色とホイールが緑色だった。

 

f:id:xlr250-1993:20200502151648j:plain

f:id:xlr250-1993:20200502151704j:plain

 

ノーマルのサイレンサー

いい音がしていたのだが、

 

「KERKER」☛「AKRAPOVIC」に変更。

理由は、音の違いと重さ。

 

「AKRAPOVIC」が、カーボンなので

カッコが好みなのと、より低音だった。

 

f:id:xlr250-1993:20200502152539j:plain

 

ステップも少々小細工。

 

「POSH」のステップ位置変更ステーを付けて

アルミの短いステップに変更。

 

シフトロッドがノーマルでは、

長さが足らず、

数mm長いものを購入して付けた。

 

私的な好みで、

ステップは、どのバイクも金属製に交換する。

 

f:id:xlr250-1993:20200502153354j:plain

 

このバイク、オイルがたくさん必要だった。。。

MOTUL 300V COMPETITION」

一回の交換で4本必要だった。

オイル代は、高かった。。。

 

f:id:xlr250-1993:20200502154145j:plain

 

ツーリングによく行った。

 

f:id:xlr250-1993:20200502154400j:plain

 

ワインディングにも。

 

セパハンながら、

ハンドル位置がちょっとだけ高く

乗車姿勢が、意外と楽だった。

 

このバイク、コーナーだけではなく、

距離のあるツーリングもこなせる

優等生的な、いいバイクだった。

 

所有している間は、

メカトラブルもほほぼ無かったので

 

面白いエピソード?も無い。

 

では何故?乗り換えたか。

 

それは、

 

「ZX-6R」が、

速すぎて怖くなったから。。。汗