あの景色が見たい。

私的な、バイクツーリングと読書と諸々のこと。

ヤマハの本

梅雨真っ只中。今日は梅雨の晴れ間だったが、 バイクには乗らず。書店で何か面白そうな本がないかと うろうろしていたら、『ヤマハモーターサイクルデザイン50年』という本を見つけた。中身を見ると私的に、バイクに興味を持った時代のXSシリーズ、RDシリー…

ブレーキオイル漏れ止まる

XLR250のブレーキオイル漏れ。 その漏れの原因は、、、 フロントブレーキキャリパー側の 「バンジョーボルトが、緩んでいた。。。」ブレーキキャリパーから チェックをしていき、ふと、バンジョーを触ると指にオイルが、付いたのだ。キュッとバンジョーボル…

ドレス

『ドレス』 藤野 可織著8話の短編小説。どの物語も主人公の妄想なのか、 はたまた、現実なのか。。。私的な 読書感想としては、 妄想なのか、回想なのか、現実なのかどうもよくわからない。 印象に残っているのは、「息子」という タイトルが、付けられた物…

やっぱり気になる

もうすぐ発売される『CT125・ハンターカブ』答えは、自然の中にある。 心に響くキャッチコピー。「これに乗って気ままにどっか走ってきたら?」と言われているようだ。この写真が一番いい。今から行くとこ? 帰るとこ?どっちだろう。。。ふと、思う。 「自…

フロントブレーキも

オイル漏れ添加剤の チェックをするため走ってきた。いい天気☀️今日は、高回転域までエンジン回す。絶好調❗見上げると新名神高速道路。面白そうな道、発見❗行ってみたら、そうでもなかった。狭いだけで、すぐに幹線道路へ出た。漏れてる。。。残念ながら、添…

オイル漏れ止まらず

XLR250のオイル交換後、 オイル漏れ止め添加剤の効果を見るため2回目の試走へ行ってきた。出発前に下廻りを覗くと、 「漏れてる❗」 とりあえず、走ろう。今日もいい天気☀️道端に咲いていた花。陽を浴びてきれいな白い花を咲かせていた。オイル漏れのチェック…

オイル交換

「オイル漏れ」をしているXLR250の 「オイル交換」をした。今回のオイル交換で、 初めて、「オイル漏れ止め」を 入れることにした。オイルは、ワコーズのトリプルR。 粘度は、15wー50。そして、 オイル漏れ止めの添加剤に ワコーズMPSを使う。何故?ワコーズ…

神様からひと言

『神様からひと言』 荻原 浩著ようやく、 新型コロナウイルス対策による、 「緊急事態宣言」が日本全国で終了。かといって、すぐに街中をうろうろすることも 他府県へのツーリングなども 第2波を考えば少し躊躇する。。。 さて、今回は読書。いつものように…

オイル漏れ

『不要不急の外出、自粛継続中』あまりにも、 外出しない(出来ない)ので暇だ。。。XLR250の洗車を久しぶりにした。このバイク、前々からシフトペダル付け根のOリングから オイル漏れがあり、修理するのもめんどくさいので、そのまま走っていた。よく見ると…

黒龍

『黒龍』 福井県の日本酒。緊急事態宣言から早1ヶ月以上を過ぎ、 まだ先、長く感ずる。。。「休日外出自粛継続中」五月晴れが続く日々。バイクツーリングに思いを馳せ、 空見てため息つくばかりなり。。、 さて、日本酒を飲みはじめて約1年が経った。『船…

海賊とよばれた男

『海賊とよばれた男』 百田尚樹著「STAY HOME週間」が、 やっと終わりかと思うや否や緊急事態宣言の期間延長。。。仕方ない。外出自粛継続します。GW期間中は、 久しぶりに読書を堪能した。 (せざるおえない、、、)この小説、 「出光興産の創業者」を モデ…

単車遍歴④

緊急事態宣言の期間が、5/末まで延長となった。 ますます、 各人のストレス解消の方法と休日の過ごし方が、 新型コロナウイルス対策には、 重要なファクターになるだろう。 さりとて、外出自粛中は、 暇だ。。。 さて、 「単車回顧録」も第四回目。 私的にそ…

単車遍歴③

「STAY HOME」も後半入り。 GW中も、外出自粛継続中です。 さて、 「単車回顧録」の第三回目。 赤色のmachineが続いたので、 緑色のmachineを回顧してみた。 「カワサキ ZX-6R」 176kg 108ps/12000rpm 思い出として、「速かった。。。」 そして、車体色とホ…

単車遍歴②

「STAY HOME週間」真っ只中。 ツーリングに行きたい。。。 ですが、自粛します。。。 前回に続き、「単車回顧録」をすることに。第二回目は、 『bimota bb1 SUPERMONO』 bimota社の エンジンが、BMW製の650cc単気筒。 bimota社は、 特にコーナリング性能を追…

単車遍歴①

昨日からGW12連休の会社もあるらしい。 もっとも、新型コロナウイルスの影響で 「STAY HOME」をしなければならず、 誰しも何をしようかと思う日々に なっているであろう。 私的に 今年のGWは、 バイクツーリングに行く計画もなく いまのところ何か新しい 当…

キャンピングガス ランタン

新型コロナウイルス対策の 「緊急事態宣言」から2週間が経った。私的に 休日の不要不急の外出を自粛中だが、 暇だ。。。 先週に引き続き、 キャンプ道具を引っ張り出してみた。「キャンピングガス ランタン」これもかなり古い。(30年位前?)右側のガス缶は…

キャンプツーリングに行きたい

5/6(水)まで、「不要不急の外出自粛」。なので、 休日は、じっと自宅にいます。 そこで、 新型コロナウイルスが、退散した暁には、 「キャンプに行きたい❗」と思い、昔、 使っていたキャンプ道具を引っ張り出してきた。イワタニプリムスのストーブ。まだ、…

あおしぎたつ 新緑 2020年

新型コロナウイルス対策で、昨日、大阪府は、国からの『緊急事態宣言』のため 「不要不急の外出自粛」7都府県に指定された。よって、 私もバイク活動を自粛することにした。 ブログ更新するネタが無い。。。 そういえば、 2年ほど前から育てている「あおし…

意識のリボン

『意識のリボン』 綿矢りさ著8つの短編小説が、一冊になっている。この小説家の本を読むのは初めて。 第130回の芥川賞作家である。 読書感想として、 いつものように極力ネタバレなしですすめたい。 どの話も全体的には、 女性目線から見た、自分自身の内面…

人間水域

『人間水域』 松本清張著ふたりの女流水墨画家が、 お互いにライバル意識を燃やし 相手より優位に立とうとする物語。どの世界でもお互いを意識して、競争心を燃やし 切磋琢磨するということはよくある。この小説の女ふたりは、 「執念」とは、なんぞや?そし…

京都 南丹市

『三寒四温』今の季節にピッタリな言葉。今年初、 TRANSALP700Vに乗って ショートツーリングを楽しんだ。今回は、京都 南丹市の「カフェ リラ」で ゆっくりとお茶☕をすることにした。いい天気☀️いつもは、 リアバッグを付けているが、 今日は、ウエストバッ…

暑さ寒さも彼岸まで

今年初めて、 TRANSALP700Vのエンジンを始動。約4か月ぶりなのに セルモーターが、元気よく回りエンジンがかかる。アクセルを 軽くブリッピングしてやるとまるで、冬眠から目覚めた動物が吠えるが如く、 「ブルッンン、ブルッンンンン❗」とホンダ製52°Vツインの…

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』花田 菜々子著なにこれ?長いタイトルの本。 最初は、そんな感じだった。しかし、読書感想として、 読んでいくにつれ、 面白い内容で一気に読んでしまった。さて、人…

ヤマハテネレ700 国内発表

『ヤマハテネレ700』遂に、国内の発売日が 6月5日に決まったと発表された。価格が、¥1,265,000(税込)とのこと。ラリーマシン風なバイク。私的に憧れる❗

老後の資金がありません

『老後の資金がありません』 垣谷美雨著 一般的な家庭の50歳代主婦である 「篤子」の日常と心の中を描いた物語。千二百万円あった貯蓄が、 老後までに減っていく。減っていく理由も 世間では、ありそうな事由で もの悲しささえ感じた。 家族や親族、そして友…

平家物語 ①

平家物語 ① 「意訳で楽しむ古典シリーズ」 木村耕一著ご存じ、「祇園精舎の鐘の声」から始まる、 学校の古典の時間を思い出す方々も 多くいるであろう物語。何年か前に「ほぼ原文」を読んでみて、 頭のほとんどを使っても、内容を想像すること すらできない…

赤いヒップバック

今年は、暖かい日が多く 暖冬だと思いきや、ここ数日、 寒さが身に染みる日が続く。 さて、そんな寒空の下、ラフ&ロードの 赤い「ヒップバック」を洗濯してみた。むちゃくちゃ、、、汚れている。カビている。。。中は、ちょっとましかなぁ?バケツに入れて、…

雨上がりの林道

久しぶりに林道へ。いつものダートを走る。雨上がりで、 路面が固くしまっていて走りやすい。それにしても、 いい天気で暖かい。 ダートをバイクで走ると暑いぐらいだ。 しばし、休憩。 たまには、 変わったアングルで撮影。(笑)路肩の寒暖計は、「17℃」。…

ウミガメみたいに飛んでみな

『ウミガメみたいに飛んでみな』 木村椅子著今回も読書。 内容は、『家族愛』 を語った短編7話の小説だった。極力ネタバレなしで進めたい。 さて、 「モラトリアム」という言葉をはじめて知った。この本の内容紹介で見た言葉。大人に成りきれない人たち。 ま…

幸福な生活

『幸福な生活』 百田尚樹著全18話の短編小説集。各話の最後のページに必ず「オチ」があり、びっくりさせられたり、笑ってしまったり そして、怖い思いをさせられたりと「世にも奇妙な物語」的な話の進行だった。 1話がショートショートなので読みやすく、 通…