あの景色が見たい。

私的な、バイクツーリングと読書と諸々のこと。

2019年 出逢った名車たち

f:id:xlr250-1993:20191230122515j:plain

写真は、2019年5月
高知県の『四国カルスト』。

今年は、久しぶりに泊まりで
ソロツーリングへ出掛けることが出来た。

そして

ふと、思い出すと

道の駅で休憩しているときに、

私的に

気になったバイクのオーナーさんに
声をかけ、写真を撮らせていただいた。

私的な
思い出話と共に紹介。

f:id:xlr250-1993:20191230123638j:plain

◎『bimota YB11』
bimota ヤマハエンジン搭載車。

以前に紹介させて戴いたが、

私は、「bimota bb1」に
乗っていたことがある。

f:id:xlr250-1993:20191230134922j:plain
(画像は他ページから引用)

コーナリングは、
超最高なバイクだったが、
いかんせん、よく壊れた。( ;∀;)

春~秋は、
信号待ちでオーバーヒートし、
ラジエーター液が噴水化。。。

対策するも付き合いきれず、売却。

知り合いから、

イタ車は、

「バイクを提供するのがメーカーで、
乗れるようにするのがユーザーだよ」

と言われた。

f:id:xlr250-1993:20191230125537j:plain

DUCATI マイクへイルウッドレプリカ
これもまた名車中の名車。

私が、
憧れと羨望の眼差しで見ていたバイクである。

何故なら、

世の中に

「こんな高価なバイクがあるのか?」

その後、

私は、貯金に勤しんで

尚且つ、
足らずを36回ローンに頼り

DUCATI 750F1」を買う。

f:id:xlr250-1993:20191230141007j:plain
(画像は他ページより引用)

しかし、

全く乗りこなすことが出来ずに
1年後売却したのだった( ;∀;)

f:id:xlr250-1993:20191230130718j:plain

◎HONDA CB750FA
国産バイクのデザインが、変わってきた時代。

横から見た目が、
丸いタンク、サイドカバー、シートだったのが、

未来的?な雰囲気になってきた。

私は、
「HONDA CB750FZ」に乗っていた。
(見た目は、写真とほぼ同じ)

いわゆるバイク免許の

限定解除」をして、
はじめて乗ったバイクだった。

この頃、ナナハンは憧れ!

「ナナハン免許皆伝」
という本を購入して勉強?していたのだ。

そして、

そのCB750Fを
バイク屋さんから乗って帰る際、

「なんとパワー溢れるエンジン」かと思い、

「エライもんを買ってしまった!」と

後悔したことを

このブログを書きながら思い出した。

最後に
名車バイクを所有されている方々に感謝。

思い出が甦った。



長々となったが、

今回は、

単なる
私的な「バイク回顧録」となった。(^-^)