あの景色が見たい。

バイクツーリングと読書と日々諸々

散歩程度に

緊急事態宣言期間延長。。。😩


ちょっとだけ、


ハンターカブに乗せて❗


森の中へ、散歩程度に散策する。




f:id:xlr250-1993:20210511170359j:plain

森林浴。



こんな風景に、癒される。



晴れのち曇り。



バイクでツーリングに行きたい。


散策中に見つけた、街中の花壇。

f:id:xlr250-1993:20210511170818j:plain

鮮やかな黄色。

f:id:xlr250-1993:20210511170927j:plain

鮮やかな橙色。


ふっと、頭の中で、

スズキとKTMを思い浮かべてしまった。


あぁ~、ツーリングに行きたい。

ミュゲ書房

f:id:xlr250-1993:20210506155347j:plain

『ミュゲ書房』 伊藤 調著



緊急事態宣言中なので、

ツーリングは、行かず。

バイクは、整備か調整のみ。

こんなときは、読書。



まずは、

物語を紹介。



業界1位の出版社に勤めていた主人公。

才能有る新人小説家の担当となるが、

出版できない状態になり、20代後半で、

出版社を退社することになる。



同時期に北海道の

過疎化が進む町で書店を

営んでいた祖父が、急逝する。



書店を閉店する準備中に

ひょんなきっかけで


主人公は、

その書店主にならざる終えなくなる。


そして、

祖父母の時代からの常連客に

助けられながら、

主人公は、充実した日々を送る。

しかし、、、。


私的な、
読書感想として


やはり、人との繋がりは、

結果、人生を豊かにすると感じた。


唐突だが、

どういう繋がり方が正しいのかは、


別として、


「好きこそ物の上手なれ」と思った。


特に、本が出来る上がるまでの
工程などが、書かれていて面白い。


書店に興味がある方?におすすめ。

気になるクラッチワイヤー

f:id:xlr250-1993:20210506151503j:plain

我が、XLR250R。

林道で、
ハンドルを右に切ったこの写真の感じ。

これが、私的にカッコいいと思っている。

自画自賛(笑)



さて、

今年のGW中は、☔の日が多いと

GW前に天気予報が言っていた。




と思う。。。が、


そんなことは、、、ないようだ。


今日は、晴れ☀️


ところで、また、
XLRで、気になるところがある。

クラッチワイヤーが、
伸びきってるような気がする。

1速で、クラッチいっぱい握っても
前に進みにくいのだ。


クラッチがちゃんと切れていないようだ。

f:id:xlr250-1993:20210506152940j:plain

遊び、限界?

f:id:xlr250-1993:20210506153028j:plain

ここ、締める。

f:id:xlr250-1993:20210506153102j:plain

再度、ここ調整。



1速に入れて、、、押してみる。



ほぼ、変わらない。



もう、ええか。。。(笑)



ちょっとだけ、走ってみる。



変わらんなぁ~。(笑)


f:id:xlr250-1993:20210506153545j:plain

XLR250R、

今日も、いい音してる。



f:id:xlr250-1993:20210506153823j:plain

ここも調整。



追伸:
GDMCERさん、ありがとうございました。