あの景色が見たい。

私的な、バイクツーリング備忘録と諸々のこと。

羊と鋼の森

f:id:xlr250-1993:20180806084614j:plain

 

写真は、数年前。

 

京都 丹後半島 新井の棚田。

緑の絨毯が、青い海原まで垂れさがっているような景色。

 

景色をみていると

「もっともっと先には、なにがあるんだろうか。」

と、ふと頭の中で考えている自分がいた。

 

f:id:xlr250-1993:20180806085543j:plain

 

話題は、読書へ。

 

羊と鋼の森

 

映画化された本であるが、映画は見ていない。

私的に極力ネタバレなしですすめることにする。

 

北の大地それも内陸部育ちの青年が、ピアノ調律師を志し

都会の中でひとりの人として、生きていく過程を綴っている。

 

主人公自身の心の中のやりとりが、多く書かれていて自分に当てはめると

なんとなくではあるが、私的に面白い。

 

調律師としての仕事の悩みや、育った環境。

誰にでもあると思う「悩み」。

 

「人にはひとりひとり生きる場所があるように、ピアノにも一台ずつふさわしい場所があるのだと思う。」

には、

こころが「ふぉろっ」とした。

 

人はひとりで生きているのではない。

そんなことは、わかっている。

でも、自分は、気づいているだろうか。

 

「善い」方向に考える。

 

私的に、なにかに悩んでいるひとに、読んでみていただきたい一冊である。