あの景色が見たい。

バイクツーリングと読書と日々諸々のこと。

ドレス

f:id:xlr250-1993:20200617125451j:plain

『ドレス』 藤野 可織著

8話の短編小説。

どの物語も主人公の妄想なのか、
はたまた、現実なのか。。。

私的な
読書感想としては、
妄想なのか、回想なのか、現実なのか

どうもよくわからない。


印象に残っているのは、

「息子」という
タイトルが、付けられた物語は、

7歳の息子が、大雨の日にマンションの屋上
にひとりで上がり遊んでいたのだが、
どうやって、鍵のかかっている
鉄柵の向こう側にある屋上に行けたのか。

サスペンス的な内容で、私的に面白かった。

読んでいてなんとなく想像が出来るが、
それ以外の物語は、、、。


まぁ、


私的な読解力の問題であろう。


空想という誰にでもある状態を
小説にした、ちょっと変わった短編小説集だった。