あの景色が見たい。

バイクツーリングと読書と日々諸々のこと。

デンジャラス

f:id:xlr250-1993:20190123135728j:plain

文豪 谷崎潤一郎の在りし日の
日常を綴った作品。

桐野夏生著。

例によって、極力ネタバレなしですすめよう。

谷崎潤一郎は、
四人の女性を身の回りにおいていたようだ。

話は、

その四人の中の
谷崎潤一郎夫人の妹」にあたる女性が進めていく。

かの有名な小説「細雪」は、
この四人の女性をモデルとして書かれたそうだ。

私的な読書感想としては、
谷崎潤一郎が、、、というよりも

女性の
内面的な奥底の感情、心の中の本音、

自分の立場は、守り抜く。

そして、
女性作家が描く女性と男性作家が描く女性は、
表現が異なることを感じた。

文中に性的な表現は、ほとんどない。


芸術家とは、
そんな疑問を持っている方におすすめしたい一冊である。