あの景色が見たい。

バイクツーリングと読書と日々諸々のこと。

湖底の光芒

f:id:xlr250-1993:20181219155029j:plain

松本清張」作品。

テレビのサスペンスドラマになりそうな内容であった。

出来るだけネタバレなしでいきたい。

あるカメラメーカーとその下請け会社の話だが、
その仕事の受発注を題材に、人と人との愛憎関係を
描いた物語だった。

この物語で、
仕事上での自分の地位を利用して、
下請け会社に非情な金額で仕事をさせて、自分だけ利益をもさぼり、そして非情な態度で人に接する。

いずれ、我が身にも
同じようなつけが回ってくる。

人には愛情を持って接せよということだろうか。

場合によっては、
なかなか出来ないことかもしれない。

「アンガーコントロール」なる言葉がある。

私的に、

人と話をするときは、
感情のコントロールをしながら接しなければと。

そう思った、一冊だった。