あの景色が見たい。

私的な、バイクツーリング備忘録と諸々のこと。

君の膵臓をたべたい

f:id:xlr250-1993:20180815082117j:plain

写真の景色は、伊吹山ドライブウェイからの眺望。

 

先日、岐阜と滋賀の県境にある

伊吹山ドライブウェイ」を車で走ってきた。

 

通行料金が、普通車の往復で¥3,090。(2018年8月現在)

9合目の伊吹山スカイテラス駐車場まで車で行ける。

 

通行料金としては、微妙な金額だが、

小刻みで眺望のいいワインディングロードだった。

 

当日の山頂は、霧の中だった。

 

f:id:xlr250-1993:20180815082937j:plain

 

さて、読書の話題へ。

すこし前だが、話題となった、

 

「君の膵臓をたべたい」

 

なんとも、言い難いタイトルの小説。

映画化されているうえに、アニメ化までされるようだ。

 

内容は、いつものようにネタバレしないようにすすめる。

 

タイトルの「きみすい」の理由が、

最初のほうにあるので、理解可能といったところだろう。

 

私的な感想としては、自身の高校時代を思い出した。

 

誰にでもありそうな、

17歳前後のときの家族への思いや友人への気持ち。

そして異性への淡い感情。

 

若い世代が、読んで楽しいと思う本かもしれないが、

おじさん、おばさんが、

「遠い昔を懐かしみながら」、読んでみてもいいかもしれない。

 

こんな読み方もあったんだ、と思った一冊だった。