あの景色が見たい。

私的な、バイクツーリングと読書と諸々のこと。

人間水域

f:id:xlr250-1993:20200328205223j:plain

『人間水域』 松本清張

ふたりの女水墨画家が、
お互いにライバル意識を燃やし
相手より優位に立とうとする物語。

どの世界でも

お互いを意識して、競争心を燃やし
切磋琢磨するということはよくある。

この小説の女ふたりは、
「執念」とは、なんぞや?

そして、
自分のテリトリーを広げていくためには、
相手のテリトリーを侵害していく。

ということを語っていたような気がする。

読書感想としては、

「マイペース」が、一番である。

しかし、

誰しもそうありたいと思っていても、
そうならないこの世の中。

ストレスの解消法を身に付けることが、
我が道を行ける手立てなのかもしれない。

そんなことを考えさせられた一冊だった。