あの景色が見たい。

私的な、バイクツーリングと読書と諸々のこと。

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

f:id:xlr250-1993:20200311115120j:plain

『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』

花田 菜々子著

なにこれ?

長いタイトルの本。
最初は、そんな感じだった。

しかし、読書感想として、
読んでいくにつれ、
面白い内容で一気に読んでしまった。

さて、

人っていうのは、
当たり前だが、

「誰しも様々な思い」を持ちながら

生きていくものなんだとあらためて思った。

いつものように、
極力ネタバレなしですすめたい。


今、このとき
その何年か前、何年か後、近い将来、遠い未来。

どうなっていたい?

今の生活に満足?

悩んでいるだけで、
頭の中で考えているだけでは、

もやもやするだけで、状況は変わらない。

何も変化はない。

そこで、著者は、

『出会い系サイト X』に登録して
書店の元店長ということもあり、

この本のタイトルのような行動を起こす。


人は、人がいて、
なにかしらの影響を受け

また、

なにかしらの影響を与えるものなんだと思った。



今、

自分を見いだせないと
思っている人におすすめしたい一冊である。