あの景色が見たい。

私的な、バイクツーリングと読書と諸々のこと。

平家物語 ①

f:id:xlr250-1993:20200225174611j:plain

平家物語 ① 
「意訳で楽しむ古典シリーズ」 木村耕一著

ご存じ、

祇園精舎の鐘の声」から始まる、
学校の古典の時間を思い出す方々も
多くいるであろう物語。

何年か前に「ほぼ原文」を読んでみて、
頭のほとんどを使っても、内容を想像すること
すらできないほどだった。。。

今回、
意訳なるものを読了して、
平家物語」の一部を堪能出来た。

まだ、②と③がある。

平清盛の人としてを通し、

権力、地位を欲しいままにした場合、
人は、いったいどのようになるのか?


そして、
その地位を求めるが為の「犠牲」。

当時の男と女の思い。

きっと、
今も昔も人の心は、変わらないのだろう。


この本を読んで、


子を思う親の気持ち、
また、親を思う子の気持ち。

そして、血のつながり。


「たけき者も
遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ」

私的に

この言葉が、心に響く。

活字が大きく、イラストが美しい。
約2時間ほどで、読了できるので、

ふとした時に、読んで欲しい一冊である。