あの景色が見たい。

バイクツーリングと読書と日々諸々のこと。

疑薬

f:id:xlr250-1993:20190625075730j:plain

今回は、読書。

『疑薬』 鏑木蓮 著

いつものように
極力ネタバレなしですすめたい。

タイトル通りの内容だ。

ある創薬会社の

薬の「副作用」のことで、
話が進んでいく。

主人公は、東大阪若い女性。

登場人物は、
ほぼ何らかの形で
育った家庭環境に不和あり。

ここからは私的な読書感想。

この小説から、
家族ってどういう存在?

あなたは、どう思う?

と、

問いかけられた気がした。

そして、
「いいひと、悪いひと」は、

どうやって判断するの?

あなた自身、
何か信念がありますか?

私的に
考えさせられた小説だった。