あの景色が見たい。

バイクツーリングと読書と日々諸々のこと。

ふたたび嗤う淑女

f:id:xlr250-1993:20190430182024j:plain

今回は、読書。

『ふたたび嗤う淑女』 中山七里著

前回の
『嗤う淑女』の続編である。

出来るだけ、ネタバレなしで紹介しよう。

前回の続編なので、
主人公は、最強の女詐欺師だ。

今回は、
復讐劇の内容で、
主人公の言葉巧みなところと、
柔和で人が会ってすぐに信頼感を
持ってしまう人柄を自ら演出。

人の欲望を嘲笑うかのような内容である。

そして、
最後の3ページで、

『え!!!なんでやねん。』
という展開になっていた。

人の
本能や欲望、

そして、
自分自身の自分自身への勝手な高評価。

この小説を読み終わって、

日頃から
あまり出過ぎたことは、
自粛せねばと思った。。。

何事も、
冷静さを失わず、
的確な判断を身につける。

仕事などで、
思い通りに進まない人や、
周り人と今一上手くいかない時に
おすすめしたい一冊。

私的には、
社会への処世術を養わなければ。。。(^^)

と、思った。