あの景色が見たい。

バイクツーリングと読書と日々諸々のこと。

人喰観音

f:id:xlr250-1993:20190116082936j:plain

 

「人喰観音」。

 

なんとも、気味悪いタイトルの本。

 

極力、ネタバレなしで内容をすすめよう。

 

薬種問屋の若旦那が、

川で倒れていた「女」を助けて家に連れ帰った。

 

その女は、

川の上流の村で、占い師のようなことをして暮らしていた。

 

その女は、「豊満な身体」と「妖艶な言葉」を使う。

 

そして、

薬種問屋の離れで若旦那と共に秘密裏に暮らし始める。

 

「女」は、不老不死だったのだ。

なぜなら。

 

そして、。。。

タイトルのような気味の悪い光景が文章として綴られていく。

 

私的に

この小説は、怖かった。

読んでいて気味悪かった。

 

オカルト小説が、好きな人が読む本だろう。