あの景色が見たい。

私的な、バイクツーリング備忘録と諸々のこと。

父からの手紙

f:id:xlr250-1993:20181106174214j:plain

 

今回は、「父からの手紙」。

 

家族にとって、「父親」とは、どのような存在なんだろう。

 

例によってネタバレはしないように、紹介しようと思う。

 

20代前半の女性と30代前半の男性の話が、

交互に物語として続いていくのだが、

全く見ず知らずのふたりが、共通の事件でつながりを

見せていく。

 

私的にめずらしい展開の小説だったので、読んでいて

とても新鮮だった。

 

父親は、

家族の経済力の担い手としての存在は大きい。

 

家族が、お互いを思う気持ちも大きい。

こころでつながっている。

 

その役割をなんらかの事情で全うできなくなってしまったとき、

父親は、「どう考えどう行動」をするのだろう。

 

世間で、この物語のようなことは私的に聞いたことはないが、

読んでいて家族の大切さを痛感した。

私も父親である。

 

「涙活」したい方におすすめする。

 

f:id:xlr250-1993:20181106181233j:plain

 

秋の夜長に「読書」を。

 

こんな状態で、本を読めたら最高だ。

 

上記写真は、

「ある日の休日の温泉にて、一杯🍺」。