あの景色が見たい。

私的な、バイクツーリングと読書と諸々のこと。

山なんて嫌いだった

f:id:xlr250-1993:20181023055349j:plain

 

朝夕は、めっきり寒さを感じる日々になってきたようだ。

日中は、温かな日差しが心と体を癒してくれる。

 

さて、今回は読書。

ずいぶん前に読んだ本だが、おなじみのヤマケイ出版。

タイトルは、「山なんて嫌いだった」。

 

女優の市毛良枝さん著である。

本書によると、ご本人は運動神経が全くの0に近いとのこと。

子供のころから運動会嫌いだったらしい。

 

そんなひとが、アフリカのキリマンジャロを登頂するぐらいの

山好きになるまでの物語。

 

きっかけは、人に誘われて「登山」を始めたそうだ。

 

だいたいのことは、友人知人に誘われて何かを

始めるきっかけとなるようだが、

私的に、バイクに乗り始めたのはそうではなかった。

 

子供の頃、

夏の日に、颯爽と走っていくCB350かCB550か忘れたが、

記憶の中で、とてもかっこよかった。

 

その後、

高校生になってから青いCB750Fzが路肩に止まっている姿を

見て「これに乗りたい」。

と単純に思った。

 

ようするに、私的に「かっこよかった」のだ。

言うまでもなく、その3年後ぐらいに

中古だったが、

青い「CB750Fz」に乗ることになる。

 

話が逸れてきたが、

 

ひとは何かに対して、ひとにひけらかすことなく、

自分で好きなことに夢中になれることがあると

それだけで幸せなのかもしれない。