あの景色が見たい。

私的な、バイクツーリング備忘録と諸々のこと。

ユートピア

f:id:xlr250-1993:20180918143641j:plain

 

暦の上では「秋」。

 

朝夕は、すっかり涼しく感じるようになったが、

まだ日中は、蒸し暑さが残る。

 

また、読書の話題となる。

 

「バイクツーリング備忘録」として

スタートしたもののどうも乗り気がしない。

 

サブタイトルの変更も検討しようかと思う今日この頃である。

 

さて最近、女性のココロの内を書いた小説に出会う。

この「ユートピア」もそのものだった。

ネタバレなしで進めていくことにしよう。

 

登場人物は30歳代前後と思われる女性3人と

小1、小4の女児2人が中心となって話が進んでいく。

女児2人は、上記女性2人の各子供である。

 

読んでいくうちに、女性特有というべきなのか

いや、男性にも当てはまることがあるであろう

 

人付き合いにおける、

 

見栄や妬み、遠慮や損得、

「もとはと言えば、他人のせいでこうなった」など、

責任回避的な考え方がたくさん出てくる。

 

そして、最後に

本当に信頼できる人とは、どんな人なんだろう。

私的には、そう問いかけられているような気がした。

 

女児が書いたラストの文章が、それを示唆しているように感じた。

 

人付き合いに安堵を求めるのは、、、どうだろうか。

私的には、わからない。

 

人それぞれであろう。