あの景色が見たい。

私的な、バイクツーリング備忘録と諸々のこと。

復活の準備

f:id:xlr250-1993:20180717114132j:plain

 

湿った空気の梅雨が過ぎ、夏が来た。

 

街ゆくバイクを眺めていると、

「バイクに乗りたい」と思う気持ちが、湧いてきた。

 

持病である、頚椎椎間板ヘルニアの症状も投薬により、

ずいぶん指先の痺れもなくなってきた。

 

左手親指の腱鞘炎も注射で、痛みがなくなってきた。

(この注射そのものは、かなり痛かった。)

 

乗り手としては、準備完了。

 

しかし、TRANSALP700Vは、長い冬眠中。

 

起こそう。

 

f:id:xlr250-1993:20180717114728j:plain

amazonにて、バッテリーを注文。

 

国産YUASAは、金額が。。。

台湾YUASAを選択する。

 

装着しよう。

 

f:id:xlr250-1993:20180717114952j:plain

バッテリー交換は、まずシートを外し、右側のサイドカバーを外す。

f:id:xlr250-1993:20180717115810j:plain

ひさしぶり。

スチール製の固定カバーを外す。

そして、バッテリーを新しいものに交換すれば装着完了である。

 

f:id:xlr250-1993:20180717115838j:plain

左、台湾YUASA。右、国産YUASA。

図柄と上部の作りが違うだけのようだ。

 

車体に装着し、

セルボタンを押すと、ものの見事にエンジン始動となる。

素晴らしいセルモーターの音とともに、エンジンがかかる。

 

これで、「復活の準備」となった。

 

次回は、オイル交換と簡易ながら点検をして試走をする。

 

最後に、

この暑さが邪魔をしなければ、完全復活となる。

しかし、この暑さが私的に大きなハードルとなるだろう。

 

なんせ、最高気温37℃って。

普通は、無理でしょう。