あの景色が見たい。

私的な、バイクツーリングと読書と諸々のこと。

白露

写真は、三重県青山高原からの眺望。9月8日前後、二十四節気では、『白露』気温が下がり、 草花には朝露が付きはじめる。全くその感じではない。 「暑い❗」 どないなっとんねん。。。(-_-;)と、言いたくなる。暑すぎて、 バイク活動もご無沙汰している。

処暑

残暑お見舞い申し上げます。暑さが、少しずつましになってきたようだ。 二十四節気の『処暑』そのものの季節と気温。 今現在、 バイク活動が、全くない日々。そろそろ、 秋のツーリング計画をしよう。

大阪 高槻市 平右衛門

『天丼屋 天ぷら 平右衛門』扇形の榎茸、えび、なす、 かぼちゃ、たまねぎなどを丼にのせて、 さぁどうだ❗まずは、 扇形榎茸にかぶりつく。パリパリの 天かすが周りに飛び散る。旨い。別方向からのワンショット全て、 揚げたてである。メニューは いたってシ…

今、死ぬ夢を見ましたか

『今、死ぬ夢を見ましたか』 辻堂ゆめ著なんとも言い難いタイトル。 誰にでも経験が有りそうな。。。 主人公は、 電車通勤中によく車内で居眠りをしてしまう。ある日、乗車中いつものように居眠りをしていて ふと目を覚ますと、自分の隣に女子高生が座ってい…

アクションカメラ

「暑い☀️」この言葉しか出てこない。。アクションカメラを バイクに取り付けてみた。まずは、LEAD125。アクションカメラ本体に 各種エクステンションと ミラー付け根にバーを付けて、 取り付け完了。走ってみたら、 カメラが、 振動でブラブラ揺れる。こりゃ…

初夏の林道へ

久しぶりにXLRで、林道へ。もしかしたら、 梅雨明けしたのだろうかと 思うぐらいの日差しと湿気だ。路面は、 ところどころ荒れていたが、 特に大きな亀裂などなく楽しく走れた(^^)オフ車のタイヤは、 こんな感じが、かっこよい。帰路で道端に、こんなものが…

逃亡山脈

『逃亡山脈』 樋口明雄著今回も読書。まだ、梅雨明けせずバイクツーリングの 妄想計画だけは、進む( ´∀`)さて、読書感想だが、私的には、 初めて読む作家さんの作品である。南アルプス山岳救助隊に属する 女性警察官が主人公の小説。TVドラマや映画などで、 …

オバぺディア

『オバぺディア』 田丸雅智著短編集。アイデアを募集して、 それをもとに、 ショートストーリー化した本。表題の内容が、 一番面白かった( ´∀`)18の短編が、書かれている。 この本、 「本嫌いな方」に、お勧めしたい。なぜなら、 1ストーリーが、 超短編にな…

ルパンの娘

『ルパンの娘』 横関大著このタイトル。私的には、興味が湧かなかったが、本屋さんへ行ったとき、 この本の紹介文をたまたま見て、読んでみることにした。例のごとく、 極力ネタバレなしで進めよう。「泥棒一族の娘」と 「警察一族の息子」が、 恋に落ち、そ…

こんな日

今週は、 バイク活動の予定もなく、 何気ない休日を過ごす。スーパー銭湯♨️に行って、そのあと、 のんびり🍺ひとりで乾杯。 昼間の 露天風呂と昼飲み🍺 ほどよく、酔う。もう一軒行って、 また🍺✨🍺乾杯する。ソロ昼飲み。至福のひととき( =^ω^)こんな日は、本当は…

梅雨入り

とうとう、関西も梅雨入り。湿度が高くて蒸し暑い。。。京都美山も曇天だった。静かに、 coffee☕break。こんな日は、 物思いに耽るのが、いいのかもしれない。原二で、 ふらっと京都美山まで。

疑薬

今回は、読書。『疑薬』 鏑木蓮 著いつものように 極力ネタバレなしですすめたい。タイトル通りの内容だ。ある創薬会社の薬の「副作用」のことで、 話が進んでいく。主人公は、東大阪の若い女性。登場人物は、 ほぼ何らかの形で 育った家庭環境に不和あり。…

新井崎の棚田

約1ヶ月ぶりのバイクツーリング。関西は、何故か? まだ梅雨入りしていない。天気予報を見ると、 雨は、降らないかも?とのこと。久しぶりに北京都の丹後半島方面へ。亀岡市で給油。ここで満タンにしておけば、 帰着まで、ガソリンはもちそうだ。綾部市にて…

待ち時間

今朝、電車に乗って病院へ。血液検査と問診の予約日だった。血液検査の結果が出るまで、 約1時間余り。暇なので、 近くの『STARBUCKS』へ。大阪駅近くの ビジネスビルと病院の谷間にある『STARBUCKS coffee』静かで過ごしやすい場所だった。ここで 小一時間…

慈雨

『慈雨』 柚月裕子著 また、本を読んでいた。四国カルストツーリングから、 全くバイクに乗っていない。いつものことだが、 長距離を走るとしばらく間があく。 さて、読書。いつものように、 極力ネタバレなしですすめたい。 退職した元刑事が、 過去に担当…

この花は?

陽があたると開花。 色合いが、可憐な赤。これは、クローバー🍀?陽が陰ると花が閉じる。 なんだか、朝、 『おはよう』。夕方、 『また明日』。と、 言われているような。。。( ´∀`)この花は、 クローバー🍀???

刀 出たな!

新型 SUZUKI GSX1100S 刀 ¥1,512,000 なかなかのお値段。 何故か、バーハンドル。 振り返ってみれば、 この時もバーハンドル。 当時、このスタイルは衝撃的だった。 この時も バーハンドル。 この時は、もっともっと、、、 衝撃的だった。。。 (バーハンド…

花氷

『花氷』 松本清張著久しぶりの 松本清張ミステリー小説。いつものように、ネタバレなしで 紹介しよう。主人公の 不動産業を営む男が、 自分と男女の関係がある女を利用して 大金を掴もうと躍起になる話だ。大金の基となるのは、 官庁保有の払い下げが、実行…

わたし、定時で帰ります。

ちょっと、 読むのを躊躇うようなタイトル。しかも、 テレビドラマ化されている。全く、 テレビドラマは、見ていない。私的に、興味がないから。いつもながら、 極力ネタバレなしで、進めたい。会社でも、 なにかの集まりでも、 大多数の考えや行動を逸脱す…

高知 四国カルスト

5/13(月).14(火)で、 『四国カルスト』へ お泊りソロツーリングに行ってきた。 朝、5:30に大阪をスタート。 明石海峡大橋の淡路SAで休憩。 朝日を撮る。 徳島道の徳島ICで下り 朝の通勤渋滞と重なり、なかなか距離が進まない。 R55を室戸岬に向か…

名阪上野忍者ドライブイン

先日、 約8年ぶりとなる『マスツーリング』に参加した。 総勢20台ほど。 実際は数えていない。 いや、数えられなかった。。。 バイクが、連なって コーナーを曲がっていく姿を 後方から見ていると、 なぜか美しく見えた。 その時の お昼ごはんをピックア…

闇夜の底で踊れ

平成最後の日、そして、 令和最初の日と読書を楽しんだ。『闇夜の底で踊れ』 増島拓哉著 いつものように極力ネタバレなしで進めたい。内容は、 いわゆる、アウトレイジな方々の話だ。舞台は、大阪。 本のセリフ部分は、コテコテの大阪弁。冒頭から取っ付きに…

ふたたび嗤う淑女

今回は、読書。『ふたたび嗤う淑女』 中山七里著前回の 『嗤う淑女』の続編である。出来るだけ、ネタバレなしで紹介しよう。前回の続編なので、 主人公は、最強の女詐欺師だ。今回は、 復讐劇の内容で、 主人公の言葉巧みなところと、 柔和で人が会ってすぐ…

車の旅 徳島 鳴門市

先日、 徳島県鳴門市にある 『大塚国際美術館』を目指し、 嫁さんと車で一泊二日の旅へ。 中国道➡山陽道を走る。 そして上記写真は、 明石海峡大橋の南側、淡路SAから撮影。 黄砂や花粉等で空は霞んでいた。 神戸淡路鳴門道を走り 淡路南ICで下りて、 『うず…

あおしぎたつ 新緑

『もみじ』らしくなってきた。気温が、上がるにつれて 葉の出てくる勢いが増すようである。じっと見ていると、 植物の🌱生命力に感心する。 そして、盆栽らしくなってきた(^.^)次回には、 あと、ひと手間掛けよう。

三重 熊野市 鬼ヶ城

昨日、 TRANSALP700Vに乗って、ソロで日帰りツーリングへ。 天気予報は、晴れ。 最高気温16℃らしい。 行き先を『紀伊方面』として、とりあえず出発することに。 AM9:00過ぎに出発。 近畿道➡西名阪道を経て、『道の駅 針TRS』で休憩。 平日でも、結構な量の…

日本国紀

今回は、『読書』。百田尚樹著、『日本国紀』『日本』については、 人それぞれの思考はあるかと思う。 私的に、 ナイーブな話題を題材にしている感がある。 が、しかし この本を読んでみて、マスメディアに対する真偽な思いの結論が出た。私的な考え方は、 …

あおしぎたつ 葉

『あおしぎたつ』の葉っぱ。3週間前は、全く無かったのに 少し芽吹き始めた。青葉とは、芽吹くとは、 こういう状態のことをいうのだろうか。眺めているだけで、微笑している『自分』。葉が無いときの あの『不安感』が、拭い取られた 今の、この感覚。 葉が…

DRY

日に日に、暖かくなってきた。 陽が射している間は、とても気持ちのいい気候だ。 さて、 今回は『読書』。 『DRY』 原田ひ香 著 この作家の作品は、 『東京ロンダリング』『失踪.com』を読んだが、 今回も、現代社会的な中身の色濃い小説だった。 私的な、感…

京都 美山ふれあい広場

本日、 快晴および天気予報予想最高気温21℃。 TRANSALP700Vで『春のツーリング』へ。 朝、車検完了でバイク屋さんにバイクを取りに行く。 その後、 清々しい春の天気の中、棚田の見えるワインディングを心地よく走る。(^^) 菜の花畑を発見。 黄色が眩しい。…